2016年 11月 09日
木曽駒ヶ岳
d0013868_162923.jpg
HASSELBLAD 503CW CF Sonnar 150mm F4.0 RDPIII

モノクロに続いてカラーバージョンです。(長野県駒ヶ根市 千畳敷カール)






山自体は好きなんですが山登りは苦手なんです。ちょっとした山道(というか普通の坂道?)でも、すぐに息切れしてしまいます。要は基礎体力がそもそも低いってことなんでしょうね。その為、ついついケーブルカーやロープウェイで何の苦労も無しに高いところまで楽に登れてしまう場所を好んで行ってしまいます。
基礎体力というか、抵抗力?免疫力でしょうか?いつにも増してブログ更新が滞っていたのは、実は、ここ最近まで風邪でダウンしていたからなんです。以前だったら風邪気味だったとしても、風邪薬を飲まなくても1日寝ればすぐに回復できたのですが、いつの間にか薬の力を借りないと回復できないカラダになってしまいました。今回も、薬局で購入した風邪薬を飲んで回復を待ったのですが、4日以上経っても、熱が下がらず、一向に回復の兆しが見えないので、諦めて大嫌いな病院へ行ってきました。そうしたら、即、点滴を打たれ、肺炎の疑いがあるからと胸のレントゲン写真まで撮られてしまう始末。それに採血もしました。幸い肺炎にはなっていなかったのですが、4日以上、高熱が続いた為、血液検査の結果は医者も驚くようなひどい結果でした。でも、その日、病院で処方してもらった薬を飲んだら、数時間で熱が下がったのでビックリしました。4日以上も高熱で苦しい思いをしていた自分がまるでウソのようでした。冷静に考えると病院で処方してもらった薬が如何に強いかっていうことなのですよね。普通にしていたら、高熱を発するハズのカラダが米粒大の薬を数粒飲むだけで、すっかり、熱が下がってしまうのですから、逆に体にとって無理なことをしているんじゃないかと不安にさえ思いました。薬って、カラダにとって良いのか、本当は良くないのかと言ったら、どっちなのでしょうねぇ。
[PR]

by Mutar | 2016-11-09 01:15 | Comments(2)
Commented by sarusaM1 at 2016-11-18 15:52
カラーで見る山の写真も良いですね(^^)
今頃はモノクロの世界になっていると思います。
標高の高い山は大気が薄く、酸素濃度も低いですから余計に体力を使いますね。
基礎体力が低いと感じるのは私も同じです。
血液検査でコレステロールが異常に高いという結果が出ましたが、
タバコは吸ってませんし酒も月に数回、食べ過ぎてもおらず、運動不足くらいなので
色々と心配して内科に行ったら「遺伝です」と言われ薬が出ました。
帰ってから親に聞いたらやはりそうで親も同じ薬飲んでましたね。
Commented by Mutar at 2016-12-11 02:12
sarusaM1さん
多分、今ごろは、雪で真っ白なんでしょうね。今年のロープウェイ
の営業も終了しているんじゃないかと思ったら、ここは通年営業
でした、凄い。もしかたら、山頂にホテルがあるからなのかも知れ
ません。
コレステロールの値が高いのは私も一緒ですね(^^)。ただ、身内
にコレステロール値が高い人が居ないので不思議です。突然変
異とか!? コレステロール値が高くても、日常生活に支障もなく自
覚症状もないので、あまり危機感を感じていません。この意識の
無さの方が問題ですよね(^^;