2013年 07月 28日
古時計
d0013868_311542.jpg
HASSELBLAD 503CW Distagon C 60mm F3.5 100TMX

古い町並みの通りある喫茶店の店先にありました。(岐阜県高山市)






ちなみにこの時計止まっていました^^; 時計としてではなく、「営業中」を知らせる看板として使われているようです。なかなかお洒落ですよね。店主のセンスの良さが伺えます。実は今から7年前にも、ここでこの古時計の写真を撮っています。ずっと使い続けているんですねぇ。時計の立場で考えると本来のお勤めをまっとうして、現在は、第二の人生を歩んでいるといったところでしょうか。お勤めご苦労様さまです^^
ところで、この写真、時計がやや斜めになってしまってちょっと座りが悪いです。カメラに付けていた水準器で水平であることをしっかり確認した上で撮影したので、水平はあっていると思います。となると、時計を取り付けいてる柱の方が斜めになっているってことになりますね。よく見るとすぐ隣の柱の線とは明らかに平行ではないことが分かります。こういう場合は、水準器は気にせず、時計が垂直になるように構図を決めるべきであったとやや反省しています。
[PR]

by Mutar | 2013-07-28 07:44 | Comments(4)
Commented by sarusaM1 at 2013-07-29 09:01
タイトルと写真を見てまっ先にあの歌を思い出しました。
♪大きなノッポの古時計 おじいさんの時計〜♫

こんな感じの時計、実家に有るんです(^^)
今でもちゃんと動いてます。
動力はゼンマイ式で、写真の“営業中”の所が振り子になっています。
ココが扉になっていて開くんです。
この中に蝶ネジ?が入っていて、8の右上と4の左上に穴が有りますが、ココにそれを差し込んでカリカリとゼンマイを巻くんです。
片方が時計の動力、片方が毎時鳴らすベルの動力で、
ベルは毎時ごと、例えば3時には3回、10時には10回、12時には12回、カ〜ン、カ〜ンと鳴ります。
そして“半”に1回鳴ります。例えば9時半とか11時半とか・・
このベルの音と、カチコチと動く振り子が良いんです(^^)
ちなみに、ゼンマイを目一杯巻くと一ヶ月くらいは余裕で動きます。
今考えると、電気は一切使わないですから凄いですね。
少しでも時計が傾いてると振り子が振れず、スグに止まります。
写真の時計も水平にして、ゼンマイを巻けば動き出しそうです(´・ω・`)
振り子を見ると真下を向いているので写真ではなく、時計が傾いてるのが分かります。

長文失礼しましたm(_ _)m
Commented by Mutar at 2013-08-01 01:47
sarusaM1 さん
こんな感じの時計、sarusaM1 さんの実家に、まだ、あるんですか。
しかも、今も動いてるだなんて、、、凄い!
私も幼い頃、家の柱にこれに似た時計が掛かっていましたが、既に壊
れてしまっていたのか、止まったままでした。
ん?でも、今思えば、単にゼンマイをまいていないだけだったのかも知
れません。
今の時代、このての時計は恐らく生産されていないだろうと思いますが
もしも、製品化したら、そこそこ売れるような気もしますね。
カタチはよく似ているけれど、中身はクォーツという時計だったら一杯
ありそうですけど、そこをあえてゼンマイ式することで価値もあがりそう
ですね。
Commented by sarusaM1 at 2013-08-09 03:04
この記事に影響されて、実家にある時計を撮ってきました(^^)
もう何十年も動いているのに故障した記憶が無いです。
2台あったのですが1台止まっていたのでちゃんとゼンマイ巻いときました(^^ゞ
私のブログに詳しく載せてあります。
Mutarさんの家の柱時計もゼンマイ巻けばきっと動くと思います。
文章が過去形になっているので、もしかして今はもう無いんでしょうか?
Commented by Mutar at 2013-08-11 23:19
sarusaM1 さん
そうですか、古いにもかかわらず、故障知らずとは凄いですね。今のク
オーツ時計とか電波時計に比べてゼンマイ仕掛けの時計は、想像以
上の作りが単純な故に故障知らずなのかも知れないですね。
ウチにあったゼンマイ仕掛けの時計は、両親に確認したところ、ウチの
建て直しをする時に処分してしまったそうです。今、持っていれば、それ
なりの価値が出たと思うんですが、今さらそんなこと言ってもどうにもな
りませんよね^^;