2013年 10月 02日
松代城(海津城)太鼓門と太鼓門前橋
d0013868_53462.jpg
HASSELBLAD 503CW CF Distagon 40mm F4.0 100TMX (+2増感)

その昔、松代城という名の城があったそうです。(長野県長野市松代町)






前回、松代の町を訪れた時は、まったく松代城の存在は気付きませんでした。駅を挟んでちょうど反対側に位置する場所にあったからかも知れません。今回、松代城の跡地へ来て一番最初に目を惹いたのは、写真にある太鼓門と太鼓門へと架かる木製の太鼓門前橋でした。松代城は明治時代に廃城、その後、火災などにより、今現在、城自体はありません。写真にある太鼓門も平成に入ってから、復元されたもののようです。太鼓門前橋を渡り太鼓門をくぐると同じくらいの大きさの門がもうひとつあり、さらに突き進むと広い敷地が広がり、記念碑などがありました。広い敷地は明治に入ってから、畑や宅地へと変えられていたらしいので、ひょっとしたら、その名残りなのかも知れません。売店なども一切ありませんでした。平日午前中に訪れましたが、観光客は2組のみでした。ちょっと奥まったところに高台あり、そこから、長野ののどかな風景を暫く眺め、再び、駅方面へと戻りました。
[PR]

by Mutar | 2013-10-02 00:10 | Comments(2)
Commented by sarusaM1 at 2013-10-03 11:01
平成に入ってから復元されたものとは思えないほど見事な建物ですね。
名古屋城の本丸御殿も復元工事の真っ最中です。
完成したら撮りに行きたいと思ってます。
Commented by Mutar at 2013-10-04 00:50
sarusaM1 さん
そうですね、確かに見事な建物でした。
いっそのこと、門だけじゃなく、お城の方も復元すれば良いんですが
さすがにそうはいかないですよね。。。
名古屋城も本丸御殿の復元工事中でしたか。