2015年 06月 17日
なまこ壁のある風景
d0013868_25170.jpg
HASSELBLAD 503CW CF Distagon 40mm F4.0FLE RDPIII

路地裏探検中に発見しました。(岐阜県恵那市岩村町)






なまこ壁という言葉を意識し始めたのは今から20年以上前、伊豆へ旅行に行った先のとある町で見かけた時からです。意識し始めたと書いたのは、恐らくはもっと前からこの言葉を耳にしていたと思うのですが、自分の記憶に残っていないだけのことろうだろうと思っているからです。若い頃はまったくもって歴史的なことに関心ありませんでしたからね。
岩村のメインストリートからちょっと外れて裏道を進んで行った先でこのなまこ壁に遭遇しました。裏道のメインストリートにには無い独特の雰囲気(閉塞感?)が結構好きで、なおかつ、何か新しい発見があるんじゃないかといつも期待してしまうことが多いです。今回、このなまこ壁に遭遇した時はまさに裏道探検で発見した宝物とまでは行かないまでも、メインストリートだけを歩いていたら決して気付くことのない情景に遭遇できたことにちょっと得した気分になりました。なまこ壁沿いを進み振り返って改めてなまこ壁を鑑賞。そこで初めて以前にも来たことのある場所であることに気付きました。前回も同じ場所で裏道探検していたんですね。前回は、白壁の一部を修繕中だった記憶があります。当時撮影に使用したカメラは35判カメラで Ultra-Wide Heliar であったことも思い出しました。ということで、当時撮影した写真を見つけましたので紹介しておきます。こちらです。ほとんど同じ位置で撮影していると思いますが、前回は超広角で撮ったともあり、かなり印象が違います。自分のブログを見て知るというのも変な話ですが、3年前にここに来ていたんですねぇ。
[PR]

by Mutar | 2015-06-17 02:10 | Comments(2)
Commented by sarusaM1 at 2015-06-20 07:49
独特な雰囲気が有りますね。
3年前の写真と比べると、修復中であったこと以外は変わってませんね。
こういう場所は変わらなく、いつまでもそのままの姿であって欲しいものですね。
Commented by Mutar at 2015-06-21 23:08
sarusaM1さん
たしかに独特の雰囲気が漂っていますよね。こういう場所はいつま
でも、大切に保存しておいて欲しいものです。ただ、残念なことにこ
こも醜い電線が目を惹きますね。。。