2015年 09月 29日
猿橋からの眺め
d0013868_0284425.jpg
Nikon F3HP Ai Nikkor 18mm F4.0 RDPIII

見ての通りの眺望でした。(山梨県大月市猿橋町 猿橋)






猿橋本体を撮影した後、実際に橋を渡ってみることにしました。木造なだけに足元は板張りとなっていました。橋そのものも見ごたえがありましたが、橋の上から見る眺めもなかなか良かったです。こうやって見ると紅葉の時期に来てみたい気にもなりました。ちなみに手前に見えるのは八ツ沢発電所一号水路橋だそうで、奥に見える赤い橋は国道20号線の新猿橋らしいです。後で知りました ^^;
今回撮影に使用したカメラは、先日、オーバーホールに出して戻って来たばかりの Nikon F3HP、レンズは、わりとレア物の Ai Nikkor 18mm F4.0です。オーバーホールでは、修理を必要とするような問題個所は特に見つからなかったらしいのですが、劣化していたらしいモルトは交換してくれたようです。気のせいかなと思っていた巻き上げレバーのゴリゴリ感も解消されスムーズになっていました。巻き上げレバーの滑らかさは Nikon F3 の売りのひとつでもありますから、ちょっと感激すらしました。最近、ハッセルに偏りがちですが、まだまだ、F3も使い続けていきたいと思っています^^
[PR]

by Mutar | 2015-09-29 00:10 | Comments(2)
Commented by sarusaM1 at 2015-10-06 19:43
これはなかなか高い所に有る橋ですね。
紅葉の時期に来ると素晴らしい景色になりそうですね。
Commented by Mutar at 2015-10-07 02:01
sarusaM1さん
調べたところ、水面からの高さは31メートルあるみたいです。正直もっと高い場所にある
のかと思っていたので拍子抜けしました ^^;
既に10月に突入しているので、そろそろ紅葉の時期に突入していても不思議ではないかも
知れません。といって、自宅から気軽に行ける距離でもないので、それなりの心の準備は必
要そうです(^^)