2015年 11月 02日
仲仙寺山門
d0013868_19293750.jpg
HASSELBLAD 503CW CF Distagon 40mm F4.0FLE RDPIII

結構、年季が入っていました。歴史を感じさせます。(長野県伊那市 仲仙寺)






山門をくぐると明るい場所に出ました。この山門、享保9年(1724年)に建てられたそうです。今から291年も前のことです。かなり年季が入っているように見えたのも納得しました。もっとも、屋根の部分は平成に入ってから葺き替えが行なわれたようです。とは言え、ここに300年近く有り続けたことになります。何もせずにいたら、朽ちてしまうワケでずっと手入れされてきたってことなんでしょうねぇ、凄いことです。
[PR]

by Mutar | 2015-11-02 00:10 | Comments(2)
Commented by sarusaM1 at 2015-11-02 23:54
300年近くも前に建てられたなんて凄いですね。
重要文化財になっているんじゃないでしょうか?
京都には、1000年くらい前に建てられたのもあると聞いたことあります。
(世界遺産レベルですね)
修復や手入れをすると建物はとても長持ちするんですね。
Commented by Mutar at 2015-11-05 04:09
sarusaM1さん
300年という歳月、ホント凄いと思います。京都や奈良など、歴史ある場所とはいえ、
1000年という歳月も、これまた、凄いことですよね。
伊那市というごくごく普通の場所で300年というのも、なかなか凄いなと思いました。
ただ残念ながら、どうやら重要文化財では無さそうです。