2017年 11月 06日
曇天の奥多摩湖
d0013868_08484690.jpg
PENTAX 6x7 TTL smc pentax 67 45mm f4.0 RDPIII

緑こそ濃いですが、夏とは思えない曇天の奥多摩湖。(東京都奥多摩町 奥多摩湖)






江戸東京たてもの園で一度だけ試し撮りした後、まだ、使いこなせているとは言えない状況でしたが、特に問題点も見つからなかったので、今年の夏休みに持参するカメラに PENTAX 6x7 を選びました。夏休みと言えば、強い日差しとうだるような暑さを連想しがちですが、今年の夏は、梅雨明け発表後も、雨がちらつくようなはっきりしない天候が続きましたね。私の旅の計画も、週間天気予報を見るとほぼ毎日雨という夏とは思えない予報に、当初計画していた3泊4日から1泊2日に変更することにしました。
写真は、旅の初日、曇天の奥多摩湖です。早朝に家を出発し、朝7時過ぎに奥多摩湖に到着しました。とても、夏とは思えない写真です^^; 奥多摩湖には、人工的に雨を降らすことが可能な「人工降雨装置」なるものがあるらしいのですが、今年の夏は、そんなモノに頼らなくても、望んでもいない雨の多い夏でした。
PENTAX 6x7 ですが、カメラも交換レンズも既に生産を終了してしまっていますが、今だに交換レンズを新品で購入することが可能となっています。しかも、交換レンズの価格は、種類にもよりますが激安で、例えば、今回新品で購入した45mm (35mm判で22mmの焦点距離に相当)のレンズは、標準価格が125,000円もするのに68%引きの 39,800円で手に入れることができました。中判レンズの中でも広角に分類できる焦点距離45mmのレンズをこの価格で新品で購入できるなんて信じられませんよね。一体、どうなっているんでしょうか ^^;
[PR]

by Mutar | 2017-11-06 00:10 | Comments(0)