2018年 09月 18日
d0013868_02095176.jpg
HASSELBLAD 503CW C Distagon 60mm F3.5 RDPIII

久し振りに鍵の写真を撮ってみました。(奈良県橿原市今井町)






目に留まった被写体があれば立ち止まって写真を撮る。それなりの時間をかけて、今井町を歩き回りましたが、小さな町なので、さほど時間もかからずに1周できてしまいました。途中、早めの昼食をとるなどして(それなのにこの日に入ったお店は開店前から数人のお客さんが並んでいるお店でした)、もう1周くらいはしたと思います。さすがに似たような写真を撮っていることに自分でも気づき、撮るのをやめました。今回持ち出したハッセルの場合、120タイプのフイルム1本で撮影できる枚数は12枚ほどですが、うまく撮影枚数をこなさないと12枚撮り切れずに中途半端な枚数で撮影が終了してしまうことになります。次にカメラを持って撮影に行ける日が決まっているワケでもないので、いつも、なるべくその日のうちに撮り終えるように考えて撮影しています。が、それでも、中途半端に終わることは、ごく稀にあったりします。そうならないようにと何の変哲もない被写体を撮ったりすることがあるのですが、その良い一例が今回のような写真だったりするワケです。で、今、改めて写真を見てみると、鍵よりも、綺麗な木目の方に目が行ってしまいますね。
なんとかフイルムを撮り終えると今井町で土産を買い、まずは近鉄橿原線で京都へ。京都からはいつものように新幹線で東京へ。でも、ゴールデンウィークに制覇した「こだま」各駅停車の旅でも、「のぞみ」を使った最短時間で東京へ向かうでもなく、今回は、「ひかり」を利用して東京へと戻ったのでした。
[PR]

by Mutar | 2018-09-18 00:10 | Comments(0)