2018年 10月 05日
デハ801
d0013868_02581600.jpg
HASSELBLAD 503CW C Distagon 60mm F3.5 RDPIII

既に現役を引退していたデハ801。(千葉県銚子市 外川駅にて)






以前に乗ったこのレトロな感じの電車にもう一度乗りたく銚子までやってきたのですが、なんと、既に現役を引退してしまっていました。ピカピカな車輛ですが、塗装の剥がれが目立ってきたのか、どうも最近になってペンキを塗り直したようです。お色直しですね。一見すると駅のホームに停車中のようにも見え、今にも走り出しそうですが、車内では写真展のようなものをやっていました。
外川駅まで来るのに利用した車輛や、途中、すれ違った車輛もそれなりに古い車輛ではありましたが、ここ2,30年前までは、普通に走っていたであろうデザインの車輛ばかりで、このデハ801を凌ぐレトロ感は感じられませんでした。うーん、引退すると分かっていたら、その前に来ておきたかったですねぇ。残念です。。。
[PR]

by Mutar | 2018-10-05 03:14 | Comments(2)
Commented by sarusaM1 at 2018-10-05 09:05
レトロな車両ですね。2,30年前の車両でも相当古いと感じてしまうのは私だけでしょうか?
というのも東海地区では新しい車両ばかりです。
JR東海では数年前まで国鉄時代の車両が走ってましたが全て更新され現在は残っていません。
名鉄も中部国際空港ができる頃に多くの車両が更新されました。
以前岡山に行ったときに国鉄時代の車両が現役で走っているのを見て驚きました。
Commented by Mutar at 2018-10-06 23:53
確かに首都圏の鉄道会社各社の新車輛導入が多いような気
がします。銚子電鉄は、経営危機に直面しているらしく、
新車輛の導入は、まず、無理なんだろうと思います。他社
が新車輛を導入することで不要となったちょっと古めの車
輛を譲り受け、再利用しているようです。
そんなワケで、今、銚子電鉄に行くと、他社から譲り受け
た色々な種類の、レトロと呼ぶにはまだ早い、ちょっと古
めの車輛を見ることができます(笑)